遺族 年金 と 自分 の 年金 両方 もらえる の。 遺族年金と自分の年金(老齢年金)と、両方一緒にもらえるのか?

もしものときにもらえる遺族年金とは?種類やもらえる金額を分かりやすく解説!

A ベストアンサー こんばんは。 まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。 【受給の仕方】 A子さんは58歳の時にそれまで受給していた障害基礎年金と、夫の死去による遺族厚生年金の受給権を持つことになりました。 経過的寡婦加算については「 」をご参照ください。

もっと

遺族年金、夫が死亡でいくら?国民年金・厚生年金でもらえるお金【動画で解説】 [年金] All About

第1号被保険者として保険料納付期間(保険料免除期間も含む)が10年以上(夫)• 同時に2つの受給権がある場合は、どちらか一方、 金額の多いほうを選ぶことになります。 a 夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給 金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。 しかし、それと同時に、これから自分や配偶者に万が一のことがあった際の備えもしておきたいところ。 ) また、5月31日生まれの人は、20歳は5月分から、60歳に達する日は5月30日なので前月4月分までの支払いとなります。

もっと

遺族年金と国民年金について

18歳未満の子どもがいる場合は、遺族基礎年金に加算してもらえます。 夫が亡くなった時、40歳以上65歳未満で子がいない妻• 40歳を過ぎたら仕事を探すのも難しいということでしょうか。 つまり、厚生年金には加入しておらず自営業などで国民年金のみの支払いだった場合、遺族は『遺族基礎年金』を受け取れます。 他方、老齢厚生年金については、少し複雑です。 そして、 65歳以降にもらう老齢厚生年金は、遺族厚生年金と両方一緒にもらうことになりますが、遺族厚生年金の老齢厚生年金に相当する金額はもらえません。 70歳になる前と後とで、もらうための要件が変わることもありません(つまり、 69歳でも 70歳以上でも変わりません。

もっと

遺族年金の受給者が老齢年金をもらえる年齢になったら?

目安ですが、遺族厚生年金で支給される具体的な金額は以下の通りです。 亡くなった年齢: 58歳• 遺族基礎年金の支給要件とは? 亡くなった人は、国民年金の被保険者だった場合は、受け取れる年金は『遺族基礎年金』になります。

もっと

老後は年金だけで大丈夫?知っておきたい遺族年金と自分の年金の関係

金額はご質問内容からはわかりません。 亡くなった方が厚生年金加入者である場合に支払われ、 自営業者等の場合には対象となりません。 まとめ 以上、 70歳以上の人の遺族年金について説明しました。 (本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください) 父親は69歳で厚生年金を11. まとめ 以上、遺族年金と自分の年金両方の両方をもらえるのかについて説明しました。 死亡した人の年金の加入状況などによって、そのいずれか、または両方がもらえます。

もっと

遺族年金はいくらもらえる?仕組みと受給額をわかりやすく解説します

遺族基礎年金と老齢年金は両方一緒にはもらえない 遺族基礎年金と老齢年金は、両方一緒にはもらえず、どちらをもらうか選択しなければなりません。 遺族基礎年金の支給額は? 779,300円 + 子供の人数加算額 遺族基礎年金の支給額は、 満額の老齢基礎年金 と同じです。 夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。 65歳までの間は1つしか受給できませんが、年金機構に請求手続きをおこなうことで受給金額の大きい年金を受け取る選択ができたり、65歳になったときの手続きがスムーズになります。 まず、遺族厚生年金と老齢基礎年金は、両方一緒にもらえます。 ですので、払った分は65歳になってからきちんと返ってきます。 遺族年金 これらの収入で、その後の生活をしていかなくてはなりません。

もっと

もしものときにもらえる遺族年金とは?種類やもらえる金額を分かりやすく解説!

ただし、18歳未満の子どもがいない場合には、受給することができません。 配偶者がもらえる遺族基礎年金の基本的な計算方法 配偶者が受け取る遺族基礎年金の金額(年額)は、「 779,300円+子の加算額」で計算することができます。 2019年12月20日 7:00 遺族年金は夫と妻とでは制度が異なり、「夫に先立たれた妻」よりも、「妻に先立たれた夫」の方が受け取れる額が少なくなる。 妻本人の国民年金は夫が生きていようと死んでいようと関係なく年金もらえる年齢になればもらえます。

もっと