Docomo スマホ お返し プログラム と は。 スマホおかえしプログラムは契約すべきか?ドコモ新料金プラン対策のメリット・デメリットを要確認

ドコモ「おかえしプログラム」を簡単に解説!デメリットはあるの?

今後、特にハイエンドモデルは主要な割引が「スマホおかえしプログラム」のみとなりますので、上記の事情からケータイ購入割引クーポンは非常に使いにくくなります。 ただ、2年後にドコモ下取りプログラムなど利用し買い取ってもらうことを想定すると必ずしも損するとは言い切れないケースもあります。 スマホお返しプログラムのメリットを見ていきましょう。 持ち込み先は、購入した店舗でなくても構わない。 36回分割の中の真ん中12回が支払い不要になり後半また支払いが復活する、というようなことはありませんので、その点は安心です。

もっと

dカード GOLD年間ご利用額特典のケータイ購入割引クーポンは、スマホおかえしプログラム対象機種には使わない方がいい

(下取り査定は多少下がる場合が多いと推測されるため) ただし、これはあくまでiPhone X 256GBかつドコモの下取りプログラムを利用すると仮定した場合。

もっと

ドコモのスマホおかえしプログラムとは?対象機種・割引額をご紹介│スマホのススメ

2020年の新型iPhone 12シリーズも全て対象、2020年から2021年のAndroid5G対応機種もほぼ全て対応しています。 開始当初は、返却は受付されていませんでしたが、 2019年8月21日より受付開始されました。 各端末に ドコモ スマホお返しプログラムの表記があれば対象ですが、表記がなければ対象外です。

もっと

ドコモ「おかえしプログラム」を簡単に解説!デメリットはあるの?

結論的には、スマホお返しプログラムには とりあえず加入しておくべきだといえます。 一括払いしたからと言って12ヶ月分の機種代金が減額されることはないので、最もお得に利用したいなら分割支払いを24ヶ月目まで継続して返却するのがおすすめです。

もっと

ドコモの新料金「スマホおかえしプログラム」の副産物と2つの注意点

何年かに1度の買い物でスペックが高い機種を買い長持ちさせようと考えているのであれば無理に返却する必要はありません。 ドコモ担当者に疑問をぶつけた。 であるため、 残りの分割支払い回数が12回となる24ヶ月目に端末を返却するのがベストです。

もっと

ドコモのスマホお返しプログラムのメリット|返さなかったらどうなる?

分割支払い・プログラム適用時に審査が行われるので条件はやや厳しめ• スマホお返しプログラムとは 対象機種を36回分割で購入し、24ヶ月目以降35ヶ月目までに機種を返却すると残りの分割代金の支払いが無くなるサービスです。 実質約3分の1の価格が割引される、という意味では、今までの月々サポートのイメージに近くはなります。 一括精算すると分割代金を全額支払うので最大12ヶ月分の免除代金分損をする スマホおかえしプログラムを契約した携帯電話の機種代金を一括精算しても、24ヶ月目以降の機種代金が還元されることはありません。

もっと

ドコモのiPhoneはスマホおかえしプログラム・36回払い どっちで買うべき?メリットとデメリットを徹底解説!

下取りプログラムは定められた分のdポイント贈呈 スマホおかえしプログラムと下取りプログラムは併用できません。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 しかし、逆に言えば、必ず24回分割分の支払いが割賦契約として必要であり、 残債の一括請求をしてしまうと、そもそも「スマホおかえしプログラム」は適用外となってしまうのです。 月額料金も無料なので「とりあえず申込んで24ヶ月目に利用するか考える」のも有効• よって、現状ではスマホおかえしプログラムのほうがおすすめとなります。

もっと

ドコモのスマホお返しプログラムのメリット|返さなかったらどうなる?

もちろん返却した場合は手元に機種が無くなるので機種変更は必須です。 支払いのイメージ 対象機種 「スマホおかえしプログラム」への加入で割引対象となる機種をご紹介します。 どういうケースかというと、 対象機種の返却時点での割賦残金総額(12回以内)を、下取り価格が上回った場合、ですね。

もっと

ドコモの新料金「スマホおかえしプログラム」の副産物と2つの注意点

スマホおかえしプログラムのほうがおすすめ ここまで計算も交えながら、スマホおかえしプログラムのほうがお得になりやすい可能性を見てきました。 ちなみに、スマホおかえしプログラム開始当初は、dポイントの利用に関しても同じような問題がありました。

もっと