キネ 旬 ベスト テン。 今年のキネ旬ベストテンで奇跡が起こりました。120%確実と予想された「アメリ...

映画好き必見! 2019年『キネマ旬報ベスト・テン』受賞作を一挙紹介! | MOVIE SCOOP!

「続男はつらいよ」• 赤い殺意 '64・今村昌平 7 '64キネ旬4位 夫の封建制にあえいでいた女が、強盗に犯され、その後に関係を続ける。 「伊豆の踊子」• 「天城越え」• 「風の又三郎」• 「カラコルム・ヒンズークシ学術探検記録 カラコルム」• 「父よ母よ!」• 4 「 幕末太陽傳(でん)」 (1957年) 45才で亡くなった鬼才・川島雄三監督の代表作。

もっと

キネ旬ベスト・テン、池松壮亮&瀧内公美がR指定作品で受賞|シネマトゥデイ

「博士の愛した数式」• 「崇禅寺馬場」• 「突然、嵐のように」• 「野火」• 「勲章」• 「何が彼女を殺したか」• 「風の中の子供」• 「トウキョウソナタ」• 自動返信メールは送信されませんので予めご了承ください。 「香華」• その1位と2位に独断でベストな作品を追記しました。 「千利休 本覺坊遺文」• 「化石」• 「疑惑」• 「父と暮せば」• 「モテキ」• 「笑う蛙」• 「どん底」 1956 「 真昼の暗黒」• 「あの夏、いちばん静かな海。 「おもひでぽろぽろ」• 「わが生涯のかがやける日」• 「橋のない川」• 「夕凪の街 桜の国」• その後、年月を重ねるにつれて評価が一段と高まり、 日本映画史に残る名作として位置づけらている。 「12人の優しい日本人」• 「春と娘」• なお、第2位以降のランキングは2月5日発売号で掲載される。 3 「 浮雲」 (1955年) 黒澤、小津、溝口の3大巨匠と比べて過小評価されているとも言われる成瀬巳喜男(みきお)監督の代表作。

もっと

キネマ旬報 2020年2月下旬ベスト・テン発表特別号 No.1832

「戦争と人間 完結篇」 1972 「 忍ぶ川」• 「傷だらけの山河」• 「大誘拐 RAINBOW KIDS」• 「ローリング」 2014 「 そこのみにて光輝く」• 「時雨の記」• 「絵の中のぼくの村」• 現在まで続いている映画雑誌として、最も長い歴史を誇る『キネマ旬報』が選出する映画賞。 最初に「キネ旬」は非常にツウ向けの映画誌であると紹介した。 「小原庄助さん」 1948 「 酔いどれ天使」• 「あゝ野麦峠」• 映像美が世界で絶賛された。 山本:そうですね。 「蕨野行」• 本作は、監督として5本目となる。

もっと

キネ旬ベストテン1位は「火口のふたり」「ジョーカー」、瀧内公美と池松壮亮が主演賞(コメントあり)

「ふるさと」 1982 「 蒲田行進曲」• 「破戒」• 「雁太郎街道」 1933 「 出来ごころ」• 「キャタピラー」• 「近松物語」• 「サイドカーに犬」• 瀧内公美 コメント 賞をいただけたことは、荒井監督をはじめ作品を支えてくださったスタッフの皆さん、そして共演者である柄本佑さんのおかげだと心から思います。 「一人息子」• 「故郷」• 松本清張の小説の映像化は難しいといわれる。 「水の声を聞く」• 「悪魔の星の下に」• 「魚影の群れ」• 渡辺: 『がんばれ! ベアーズ』(1976年)、 『カプリコン・1』(1977年)、 『愛と哀しみのボレロ』(1981年)、 『48時間』(1982年)。

もっと

キネ旬ベスト・テン、池松壮亮&瀧内公美がR指定作品で受賞|シネマトゥデイ

「四つの恋の物語」• 「隣の八重ちゃん」• 「お琴と佐助」• 幕末太陽伝 '57・川島雄三 4 5 10 6 '57キネ旬4位 遊郭で無一文になり居残りになったが、要領の良い佐平次が抜け目なく懐を暖め、頃良く逃げ出すという痛快な喜劇。 「深い河」• 「豚と軍艦」• 「炎上」• 渡辺:そう、『刑事コロンボ』に本人役で出演して、その自分が獲った8個のオスカー像をずらっと並べて。 キネマ旬報賞は、文化勲章のように授けられるのではなく、偉業である映画作りを、より良い形で成し遂げられた方々に敬意を表すものだと思っています。 「指導物語」 1940 「 小島の春」• そして両方のランキングに入っている作品は是枝裕和監督の『万引き家族』のみ。 「仁義なき戦い」• 極端なことを言えば、『コード・ブルー』とか『銀魂』を見る人の多くは、作家性などということは気にしないですよね。 結婚を5日後に控えた直子(滝内公美)とかつて交際していた、いとこの賢治(柄本祐)が再会し、5日間だけ「身体の言い分」に身を任せていく2人…。

もっと

映画好き必見! 2019年『キネマ旬報ベスト・テン』受賞作を一挙紹介! | MOVIE SCOOP!

「誰も守ってくれない」• 「3-4X10月」• 人類はオームと呼ばれる虫や有毒なガスを放つ腐海におびえて暮らしている。 「ハッピーアワー」• 「居残り佐平次」「芝浜の革財布」「品川心中」といった古典落語をミックスさせ、 テンポの良い喜劇に仕立てた。 「元禄忠臣蔵 後篇」• つまり、古くからいる我々はキネ旬のリソースを使い切っていないと指摘するんです。 渡辺:どう考えたって『アラビアのロレンス』(1962年)で獲ってなきゃおかしいでしょ。 「家族会議」• それでもやっぱり「アメスナ」は2位ですけど。 「武士の一分」• 受賞者に手渡される現在のトロフィーは、「乱」でアカデミー賞衣裳デザイン賞を獲得したワダエミさんによるデザイン。 「切腹」• 「 三度目の殺人」• 「紙屋悦子の青春」• 「どついたるねん」• 「さびしんぼう」• 「十三人の刺客」• 「無法松の一生」• 「松ヶ根乱射事件」• 渡辺:その時は山本監督が矢面に立っていただいて(笑)。

もっと

今年のキネ旬ベストテンで奇跡が起こりました。120%確実と予想された「アメリ...

。 6『さよならくちびる』監督:塩田明彦 出演:小松奈菜、門脇麦、成田凌• 「太陽とバラ」• 「バトル・ロワイアル」• 「 野良犬」 (1949年) 黒澤明監督による犯罪サスペンス映画。

もっと

キネ旬ベスト・テンがヒット作を無視するワケ

「風立ちぬ」• 「悪い奴ほどよく眠る」• 「歴史」• 「闇の子供たち」• 「夜の女たち」• この席は「キューポラのある街」が相応しい。 「紅の豚」• 6 「 二十四の瞳」 (1954年) 田舎の女性教師と12人の教え子が綴る愛と涙の物語。 「風流活人剣」• 「スウィングガールズ」• 「39 刑法第三十九条」• 「猫と庄造と二人のをんな」• 日本映画としてだけでなく、洋画を含めた世界全体の映画としても最高傑作とも言われれる。 「人間の約束」• 「ニッポン国・古屋敷村」• 「命ある限り」 1945 戦争で中止 戦争で中止 1944 戦争で中止 戦争で中止 1943 戦争で中止 戦争で中止 1942 「 ハワイ・マレー沖海戦」• 東京の蒲田操車場で事件が発生。 「桐島、部活やめるってよ」• 黒沢監督の演出力が光る。 「武士道残酷物語」• 「泣虫小僧」• 「下妻物語」• 開催年度 開催回数 作品 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 1945年 --- 日本映画:--- 外国映画:--- 1944年 --- 日本映画:--- 外国映画:--- 1943年 --- 日本映画:--- 外国映画:--- 日本映画: 外国映画:--- 日本映画: 外国映画:--- 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本・現代映画: 日本・時代映画: 外国・発声映画: 外国・無声映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画: 外国映画: 日本映画:--- 外国映画 芸術的に最も優れた映画: 外国映画 娯楽的に最も優れた映画: 日本映画:--- 外国映画 芸術的に最も優れた映画: 外国映画 娯楽的に最も優れた映画:• 「にあんちゃん」• 黄金期にあった日本の映画界の総力が結集されている。

もっと