ナイーブ 意味。 ナイーブとは・意味と使い方・類語・反対語・ナイーブな人の特徴

ナイーブの意味と語源、意外と勘違いされている!?

一方で、英語やフランス語では「無知な人」「馬鹿正直」といったネガティブな意味合いで使われるため、安易に「ナイーブな人」と言ってしまうと誤解を招きかねません。 一方で、皮肉を込めて、「世間知らずで素朴な人」をそのように呼ぶこともあります。 「生まれたままの」という意味の言葉で、好意的な意味でも否定的な意味でも使われるそう。

もっと

心理学用語「ナイーブリアリズム」とは?意味と具体例を解説

一時的に、周囲の反応に敏感になったり、過敏に反応してしまったりという状況を表現したい場合は、「ナーバス」という言葉が適切です。 すぐに人を信用し、経験がない人のことを「Naive person」、だまされやすい人を「naive listener」といいます。 やってみたいことは、バンジージャンプ。 「ナイーブリアリズム」は、個人の人格がある以上避けられません。

もっと

ナイーブの意味とは?日本と外国でのナイーブの意味の違いについて解説

ピュアな精神 ピュアな恋愛 汚れがなく無垢な存在を指してピュアという言葉を使うこともあります。

もっと

「ナイーブ」とは?意味や使い方をご紹介

「ナイーブ」の語源 ナイーブの語源は、英単語のnaiveです。 あらゆるリスクに対して敏感になり、心配になってしまいます。 日本語での意味とは違い、 「ナイーブ」自体がマイナスなイメージを持っています。 ナイーブの意味には、「繊細な、純粋な」というものがありました。 ナイーブは英語のスペルに直すと「naive」と綴ります。 ナイーブ・アート 素朴派とも呼ばれる、19~20世紀の絵画のいち傾向のこと。

もっと

ナイーブの意味と語源、意外と勘違いされている!?

ナイーブリアリズム ないーぶりありずむ : 自分は客観的に物事を見ていると考えている状態 「ナイーブリアリズム」の意味を詳しく 「ナイーブリアリズム」とは、自分は客観的に物事を見ていると考えている状態を指します。 ・国によって違うナイーブの意味 ・ナイーブな人とは? ・ナイーブ以外にもよく使われる横文字 などなど、 ナイーブに関するアレコレをご紹介していきます。 デリケート 「デリケート」の意味も「繊細で感じやすいさま」「微妙で扱いが難しいさま」の2つの意味があり、「ナイーブ」「センシティブ」の同義語にあたります。 鈍感 ナイーブの反対語の1つとして、「鈍感」という言葉も挙げられます。 上記のような背景から、すぐに他人の言うことを真に受ける人や、人が吐いた嘘も疑うことなく信じてしまう単純な人は、ナイーブな人でもあると言えそうです。 「ナイーブ」の例文・用例 ナイーブを使った例文・用例を紹介します。

もっと

naiveの意味・使い方・読み方|英辞郎 on the WEB

日本的なナイーブの意味「敏感な」を英語にする時は、「sensitive」という単語を使うことができます。 このように「ナイーブ」は人の性格以外にも、物事に対して使うこともあります。 かなりネガティブな意味で使われ、日本語では「世間知らず」が最も近い。 「あなたは強がって見せてるけど、本当は繊細な人なんだよね、知ってるよ」という気持ちで「You are naive. ナイーブT細胞は、リンパ節内で抗原を提示した樹状細胞と遭遇することで活性化し、細胞外環境によって異なる機能を持つT細胞の亜群へと分化していきます。

もっと

「ナイーブ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

横の車に追い越されてスピードを出しすぎていると思った。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。

もっと