リック ルービン。 ファレル・ウィリアムス、リック・ルービンとの対談にて、20年間でヒップホップに起きた変化、音楽においての著作権問題を語る

ファレル・ウィリアムス、リック・ルービンとの対談にて、20年間でヒップホップに起きた変化、音楽においての著作権問題を語る

在学中のにを設立。 スタジオでもほとんど会ったことがなく「俺の目が黒いうちは2度と一緒にはやらない」と宣言するなど、本当に苦い思いしかないようです。 U2は彼と制作したトラックを全部ボツにしてブライアン・イーノ、ダニエル・ラノワといった旧知の人物とやり直しています。 後に彼が牧師に転向したことでトリオは活動を停止することになるのですが、この当時は大人気でした。

もっと

リック・ルービンのドキュメンタリーが制作される

にはプロデュースしたのアルバム「」が最優秀アルバムを受賞した。 音楽プロデューサー、の新たなドキュメンタリー・シリーズ『Shangri-La』。 しかし、今度こそ、スマッシング・パンプキンズの新しい音楽を制作中であり、伝説のプロデューサー、リック・ルービンが手掛けていることも明かした。 ヒップホップをメジャーにした立役者であり、「過去20年間で最も重要なプロデューサー」と称されながら一方ではボロクソに叩かれる…。 このような体験を裏付けるように、ルービンは、。 生年月日 1963年03月10日• 制作前に掲げられたサウンドにおける目標は、「1970年代のローファイな黄金期ととの折衷作品」であった。

もっと

ストロークス(The Strokes)『The New Abnormal』リック・ルービンをプロデューサーに迎え、シンプルに〈ロック〉しているニュー・アルバム

ゼイアー・レッド・ホット - They're Red Hot - 1:11 ロバート・ジョンソンのカバー。 アパッチ・ローズ・ピーコック - Apache Rose Peacock - 4:42• 」 Rick : 「バカバカしい問題をね」 Pharrell : 「スティービー・ワンダーがこう伝えてくれた。 現在、アメリカン・レコーディングスのラインアップはで固められている。 を基調にする美しいギター・プレイは、『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100』に於いて98位にランクイン。 なかでも有名なのがリック・ルービン。 同年に、やのをリリースする。 - Give It Away - 4:43 グラミー賞獲得のシングルカット曲。

もっと

リック・ルービン

のバラード。 この点は長年の盟友であるのケリー・キングも認めている。

もっと

ブラッド・シュガー・セックス・マジック

トリビア DJ,ラッパー、シンガーの経験も持っている。 在学中のにを設立。 にはとによる、『』を実現させ 、との融合に成功する。 しかしながら、その個性的なキャラクターが災いしているのか、揉めごとも少なくありません。 彼は80年代に大いなる機知に富んだヒップホップ・プロデューサーとして名を挙げ、サンプリングを使えばロックとラップを結びつけることが出来るという可能性に最も早く気付いた1人だった。 ニューヨーク大学に入りパンクバンドをやっていたというリック・ルービンですが、クラブでヒップホップと出会い、夢中になってからは自分でレーベルを作りシングルをリリース。 」 いわゆる「パクリ疑惑」によって敗訴することになってしまったファレル。

もっと

リック・ルービンのドキュメンタリーが制作される

の報道によると「Shangri-La 仮 」と題された今回のドキュメンタリーは 「リック・ルービンの制作プロセスや、彼のような人物にプロデュースされるというのがどういうことかを知ることができる」ということも説明されている。 君のやっていることはすごくテクニカルだ。 音楽界のレジェンドが、明らかにキャラとミスマッチな現代の曲をカバーする?いかにもそそられるではないか。 でも違いを理解している人なら、ハッキリとその違いがわかる。 また、は彼が「過去20年間で最も重要なプロデューサー」だとしている。

もっと

リック・ルービン

「例えば、俺らは今スタジオでリック・ルービンと一緒にいる。

もっと