日本 三代 実録。 奈良文化財研究所 古代地名検索システム

貞観地震

宇佐美龍夫(1970)は、より大きいと考えられるがでも当時はMs8. 巻15と、巻19から巻48、すなわち10年()と貞観13年()1月から仁和元年()12月には、ところどころ写本の省略箇所があり、全文が伝わらない。 234-242, :• 帝が神嘉殿にいらっしゃらない中、親王公卿神祇官に行って、行事を行った。 時を超えて、同じ風景を見て、美しさを共有できるというのも感慨深いし、不思議な気持ちがします。 参議 従三位 34歳 右近衛大将・讃岐守• 而今入來境内天、奪取調物利天、無懼沮之氣、量其意況爾、兵寇之萌自此而生加、我朝久無軍旅久專忘警多利。 宮城県教育委員会 2004年 「八幡遺跡」『沢田山西遺跡ほか-三陸縦貫自動車道建設関連遺跡調査報告書III-』宮城県文化財調査報告書第196集• ただし、元々の宮名を廃止することはいたしません。 原や野や道路は、すべて蒼々とした海に覆われてしまった。

もっと

貞観地震

例)大宰府跡出土木簡:〈大宰府木〉 【読み】 地名の読みは、『和名類聚抄』に読みが示されている場合は、原則としてこれに従い、下記の研究成果も参照して最も一般的と思われるもので表記しました。 2012年1月29日閲覧。 今村明恒 1936 「」 地震 第1輯 1936年 8巻 3号 p. 869年7月13日(貞観11年5月26日) - 貞観地震• 皇太后 41歳• (多賀城市教育委員会2004)• 三陸地震の記事は、巻十六の清和天 皇貞観十一年五月のところにあります。 …続きを読む <現代語訳> 六月の甲辰(コウシン)の朔(一日)、民部省に詔して、大中臣氏と中臣両氏の相続者がなく絶えた家や、逃亡などにより居住実態のない戸の総て、百三十七戸を左右京職の計帳から除くよう命じた。 驚いた牛や馬は奔走したり互いに踏みつけ合い、城や倉庫・・ などが多数崩れ落ちた。 人民叫呼。

もっと

日本三代実録とは

逆もまた同じでしょうけど。 船に乗って逃げる暇 (いとま) もなく、山に登って避難することもできなかった。 是より先、正五位下守神祇伯中臣朝臣逸志、「正」(?)少副正六位上大中臣朝臣豊雄等奏言しけらく、「件の無身・絶戸等を帳より除きて、以て冐蔭の姧(注)を絶たんことを請ふ」と。 内容 [ ] 記述の密度は六国史中もっとも高い。 すぐに掃除をしたいです。 雲無くして雷(かみ)なりき。 帝、神嘉殿に御(おわ)したまはず。

もっと

日本三代実録(その7)番外編、連理の木に感じる千年の流れ: 今日も星日和 kyomo hoshi biyori

或相昇踏。 三代実録の完成も関係者が片付いて7か月あと。 p837 10月2日 三河国言しけらく、『管八名郡連理の木三つを獲き』と。 【改編】 一部の古代地名には、併合・分割・改称などが行われ、立項地名とは並列できないものがあります(例:阿波国名方郡は896年に名東郡と名西郡に分割)。 編纂 [ ] 『日本三代実録』の序文によれば、本書の編纂はが、、藤原時平、菅原道真、大蔵善行、三統理平に詔して編纂を命じたことにより始まった。 『大日本地震史料』所載。

もっと

長谷川法世のはかた宣言10・日本三代実録

915年 火山噴火。 もっとも古い採録は1907年舟山万年著『塩松勝譜』であるが、わずかずつ異なる伝承がいくつか残されている。 驚濤涌潮。 〔書き下し文〕 (貞觀十一年五月)廿六日癸未。 宇多(うだ)帝の勅命による《編さん委員》はつぎの5名です。

もっと

日本三代実録

ただし、旧の宮名を廃止することはいたしません。 関連して「小佐治と猩々ヶ池」伝承がある。 〔現代語訳〕(意訳) (貞観11年5月)26日癸未 (みずのとひつじ) の日。

もっと

7.日本三代実録

宇佐美龍夫、茅野一郎 1970 「」 東京大学地震研究所彙報, 第48冊第5号, pp923-933, :• 今村明恒 『鯰のざれごと』 三省堂、1941年• 当館で所蔵。 皇太子 貞明親王(のちの)1歳• に のページがあります。

もっと