山陽 電車 事故。 山陽電鉄本線 人身事故に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

【脱線事故】阪神電鉄 尼崎車庫で山陽電鉄5000系が車止めに衝突して脱線|事故の原因は?けが人は?動画や画像はある?

関西本線列車脱線水没事故 [ ] 減水で姿を現した客車 (昭和31年)7時20分ごろ - 間を走行中の亀山発湊町(現・)行き列車が、金場トンネルを出て150 mほどの地点で土砂崩れに巻き込まれ、客車6両のうち2両目が前後の連結器がはずれ脱線、加太川に転落した。 事故列車は、で主抵抗器が赤熱して付近から発煙していることが見つかったために営業を打ち切って乗客を降ろし、の側線へ向けて回送中だったので幸いにして乗客の被害は発生しなかったが、火災発生が駅と駅の中間だったために消火に手間取り、乗務員やら11人が負傷した。 この運転士の判断は乗客の安全を守るために機転を利かせたものとして好意的に報道された。 事故当時、臨時普通列車は濃霧で29分遅れていた。 乗員乗客約400名のうち、ダンプカーの運転手など29名が負傷した。

もっと

阪急VS山陽の事故

当時の国鉄の規則では「火災が起きた場合は速やかに列車を停止させなければならない」と定められていたが、当該列車の機関士は「トンネル内での停車は危険」と判断し、あえて規定に従わずに走行を続け、トンネルを脱出後に非常停車して、消防車の協力を得て消火作業を行い、火元車両焼損のみで鎮火した。 原因は運転士の確認不足と事後対応のミスによるものである。 この事故を受け、名鉄はの導入を決定した。 対策として、現場の8番分岐器を12番分岐器に交換した。 当初は煙草の不始末が原因とみては捜査をしたが、当時名古屋鉄道管理局勤務で事故の対応をしたの著作 によれば、郵便車の蒸気暖房管の周囲にある木材が摂氏160度程度の温度で長時間暖められ蓄熱し、やがて発火に至る低温発火現象 が事故車両で発生したとされ、非常に希な現象であるため火災責任はないとして不起訴処分になったという。

もっと

阪急VS山陽の事故

ケガ人いなければ良いのですが。 回送列車のため乗客は乗っておらず、人的被害はなかったものの同車は復旧困難のため廃車となった。 三重交通北勢線列車脱線事故 [ ] 1957年(昭和32年) 8時10分 (のちに三重電気鉄道、を経て以降は)の(廃駅) - 間にあるS字カーブ(山田川橋梁桑名寄り)で、発(廃駅)行列車(文献 によれば3両編成で、中間車は152、最後尾がサ100形)が速度超過のため脱線転覆。 事故時、踏切付近は渋滞しており、バスが渡り始めた際に対向から小型トラックが来てバスが踏切内で立ち往生し、そこに列車が衝突した。

もっと

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

分岐器通過速度を超過し、機関車と客車2両が脱線転覆、他の客車も脱線。 牽引機関車は廃車されたが、1両目のナハフ11は復旧された。 同駅を通過の予定だった名古屋発鳥羽行き下り機関士が、出発信号機の直前で停止現示を認めて非常制動を執ったが、当該信号機手前に停止できずに突っ込み脱線し、本線上に横転した所に上り列車が進入して上下列車ともに衝撃大破。

もっと