ポルシェ パナメーラ gts。 ポルシェ パナメーラ GTS 海外試乗レポート(1/2)

パナメーラ/ポルシェ|クルマレビュー

もっと

ポルシェ パナメーラ 改良新型、高性能な「GTS」設定…480馬力ツインターボ搭載(レスポンス)

オプションの20インチホイール(標準は19インチ)を履く試乗車でも、見た目にそれほどの派手さはない。 最高出力の発生回転数は、従来より750rpm引き上げられている。

もっと

ポルシェ・パナメーラ

現代の高性能モデルにおける、漸進的で自然なハンドリングマナーを与えるために、複雑なシステムが徐々に増やされてきた。 微妙なアンダーステアにみる見識 またアップダウンを切り返すような難しい中速コーナーでも、パナメーラのボディーコントロールは驚くほど上質だ。 その最もスポーティーなバージョンとなるGTSに、バーレーン・インターナショナルサーキットとその周辺道路で昼夜にわたり試乗することができた。 しかし一般的なドライバーが最も怖いと感じる、慣性重量による車体の滑りは巧みに抑え込まれ、曲がり過ぎないように仕立てられている。 走行性能 4 3. パワーの立ち上がりに関する特性については、自然吸気エンジンを彷彿とさせるリニアな出力特性を備えている。

もっと

【検証】「ポルシェ パナメーラGTS」初試乗! バーレーンを全開にして分かった本質とは。

ポータブルナビ• スマートキー• ポルシェのすることではない。

もっと

ポルシェ パナメーラGTSシリーズが登場|0

「パナメーラGTS」に搭載される4リッターV8ツインターボエンジン。

もっと

ポルシェパナメーラシリーズの概要 - ポルシェジャパン

乗り心地: 3• ボディタイプは、「スポーツツーリスモ」も選択できる。 金額も納期も変わるので色々揉めましたが納得してお願いしました。 また剛性の強さは感じますので、安心してアクセスを踏めます。 特に直接手の触れる部位はステアリングホイールをはじめアルカンターラが使用されるなど、上質なマテリアルをふんだんに使用しつつ、ポルシェの伝統であるストイックな雰囲気のまま仕立て上げているのだ。

もっと

ポルシェ・パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ【海外試乗記】 911を諦められない人に

長く所有しても飽きないと思います。 乾燥路でのグリップや接地感をより強めたい向きには、パナメーラとしては初めて、ミシュラン・カップ2タイヤも選べるようになった。

もっと

ポルシェパナメーラシリーズの概要 - ポルシェジャパン

しかもこれだけ乗り心地がよければ、ハンドリングはかなりのコンフォート指向になっているかと思いきや、実際はその逆。 その開祖となったのは、1964年に約100台が製作された純粋なレン・シュポルト「904 カレラ GTS」。 日本のベテラン・ポルシェ・ファンの間で、「ポルシェを着る」という独特の言い回しがあることを知る者は、今ではすっかり少なくなってしまったかもしれない。 シートヒーター• ここで感心したのは、その入念に仕込まれたステアバランスと、トラクション性能の高さだ。 5LガソリンのDCTは見違える出来になった。 パナメーラ、パナメーラ4にはの3,605cc、最高出力221kW(300馬力)、パナメーラS、パナメーラ4Sにはの4,806cc、最高出力302kW(411馬力)、パナメーラターボにはにより過給された368kWのV8エンジンが搭載された。 パフォーマンスと快適性を両立するエアサスペンション スポーティなパフォーマンスのために開発されたパナメーラGTSモデルは、シャシー性能も秀逸なもの。

もっと

ポルシェ パナメーラ GTS PDK 4WD 2013年 2.6万キロ (東京都) ポルシェセンター銀座 小石川認定中古車センター

ローダウン• 駆動方式は、「Sハイブリッド」と「ディーゼル」はFRのみ。 0リッターV8 パナメーラ・ターボやパナメーラ・ターボSEハイブリッドと共通の4. という具合に、たとえファイティングポーズをとっていても、最後は高級なマナーのほうに感心させられるのがパナメーラGTSだ。

もっと