横内 敏 人。 xch4nge.com

横内敏人建築設計事務所|T. Yokouchi Architect & Associate|京都市の住宅・建築設計事務所

強いていうと「いいとこどりしています」と言うしかない。 言わば現代医学に漢方を融合させることが40年余り『癌治療』に取り組んできた横内院長の結論です。 23歳だった私はそんな日本に見切りをつけアメリカに留学したが、留学先の大学で当時最も盛んだった議論のテーマは、人類の将来のエネルギーの問題や、地球規模の環境破壊の問題、人口の爆発的増加に伴う水や食糧の問題など、決して明るいものではなかった。 森の文化と美しい日本の家 住宅建築2002年2月号 住宅を造り始めて10年以上になるが、その間どうして自分は木造の家が好きで、それにこだわり続けてきたかを考えていた。 1997年• デザイナーとしては、ハンス・ウェグナーが多いですが、他にもボーエ・モーエンセンの椅子も多いですね。 2018年• 1980年:同校修士課程修了(建築学修士Master of Architecture in Advanced Study• その後オウム真理教事件が起き、続いて阪神・淡路大震災に見舞われる。 家具について 家具は庭とともに、家の中の生活を豊かにするための重要な要素である。

もっと

【和の伝統が感じられる設計】『WA

このように日本は常にそれまであったものに新しい何かを加え、それまであったものと対立しないように調和を図りながら新しい文化を発展させてきた。 平穏で、仲よく、落ち着いて、優しい精神状態を重んじる思想であり、そのような心でいられる空間の質をその形式に問わず、和と呼びたいのである。 日本語ということばがよい例である。

もっと

プロフィール|横内敏人建築設計事務所|T. Yokouchi Architect & Associate|京都市の住宅・建築設計事務所

2008年• それだけ知る人ぞ知る、名作椅子です。 いいとこどりと創造する伝統の可能性 よく横内さんの家は和風ですか、洋風ですか、と聞かれることがあるが、答えに困ってしまう。そのどちらでもあり、そのどちらでもないからだ。 また「和」という言葉には「まじり合う」という意味がある。 ですから、収納は効率が良く、見た目もすっきりとした造り付けのものを中心に十分に取ることを心がけています。

もっと

プロフィール|横内敏人建築設計事務所|T. Yokouchi Architect & Associate|京都市の住宅・建築設計事務所

またその関り合いの内容もさまざまで複雑である。 全作品 2020年• 書籍『脳科学医が教える 他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法』第2章では、そんな超過敏、敏感さについて、より一般的な側面から解説しています。 まず建築を学ぶため大学に入学した1973年に、オイルショックが起こる。 その本質は言葉そのものに秘められているが「和」とはすなわち「むつまじい」ことであり、「和らぐ(やわらぐ)」ことであり「和やか(なごやか)」なことである。 2005年• 私たちは無意識に漢字・ひらがな・カタカナの3種類の文字を混ぜて日本語を表記しているが、このような複雑で独自な表記システムをもつ国は日本しかない。

もっと

xch4nge.com

では何をもって満たされるかというと、住宅はやはり美しくなければならないということである。 それは、それまでのものをすべて捨て去って新しいものを獲得する方法ではなく、それまでのものに加えていく、あるいは調和を保ちながら古いものと新しいものを両立させるというやり方なのである。 しかし、それまであった話しことばを捨てず、訓読みという形で統合してしまう。

もっと

横内敏人建築設計事務所|T. Yokouchi Architect & Associate|京都市の住宅・建築設計事務所

J39は極めてオーソドックスなデザインでありながら、完成度が高く、簡素なつくりであり、丈夫。

もっと

xch4nge.com

しかもその営みは何十年と続き、そこで生まれ、育ち、死ぬという場合でさえあリ得るのだ。 まず、一般的には「和」とは住宅においては畳や障子や襖や床の間といった伝統的なエレメントや様式を表すようにとらわれているが、そうではなく「和」とはそれらによって生み出される空間の質、あるいは精神性ではないかということである。 痛みにとても敏感である• 考えてみれば日本は不思議な国である。 それだけに押し付けがましくならないようにしなければならないと思う。

もっと