戦争 プロパガンダ 10 の 法則。 戦争プロパガンダ10の法則 / モレリ,アンヌ【著】〈Morelli,Anne〉/永田 千奈【訳】

これぞ「悪の法則」!『戦争プロパガンダ10の法則』

権威主義的国家では、マスメディア(メディアを含む)に対する様々な統制が行われ、実質体制の宣伝機関となっているところもある。 自衛隊では、・、と陸海空それぞれ別の広報施設を有している。 そこから数百メートルのところに「長者窪」という小地名がある。 これは小学生のケンカで繰り広げられる「向こうが殴ってきたから殴り返したんだ」という理屈と基本的には同じことです。 の米国映画『』では、アメリカ軍の核兵器が適切に管理されていないことが前提の作品であるため協力を得られず、航空機の映像は一般公開されていた資料映像に頼っている。 彼らは、テレビで見たことしか信じないのだ。 どこへ行っても「緑区」だの「南区」では、ある時期の新幹線の駅庁舎建設と同じで、何の特色もない地域ができあがってしまう。

もっと

これぞ「悪の法則」!『戦争プロパガンダ10の法則』

この本で言っている10の法則とは、 1 「われわれは戦争をしたくない」 2 「しかし敵側が一方的に戦争を望んだ」 3 「敵の指導者は悪魔のような人間だ」 4 「われわれは領土や覇権のためにではなく、偉大な使命のために戦う」 5 「われわれも誤って犠牲を出すことがある。

もっと

戦争プロパガンダ10の法則

国策プロパガンダの手法の多くは、、、やその後の、、など全体主義・社会主義の国のみならず資本主義諸国でも発達した。 政府はこのような機能を持った映像メディアをプロパガンダに利用していることはいうまでもない。 「ボンソンビーの指摘によると、あらゆる国の国家元首、少なくとも近代の国家元首は、戦争を始める直前、または、宣戦布告のその時に、必ずといっていいほど、おごそかに、まずこういう。

もっと

イラクと戦争をしたいアメリカのプロパガンダ

「戦争プロパガンダに疑問を投げかける者は誰であれ、愛国心が足らないと非難される。 情報操作のトリック その歴史と方法 著者 川上和久 講談社現代新書 1994年• イラク:元の銅像• )三つ目の特徴は、双方向性で相互的なコミュニケーションとは反対に、通常、(マス・メディアのキャンペーンと同じく)一方向的で情報を提供するものであること。 この世からあらゆるテロをなくそうとの呼びかけで、アフガニスタンへの空爆は行われた。

もっと

楽天ブックス: 戦争プロパガンダ10の法則

「イランはテロ支援者であり、その核兵器開発は文明世界を脅かしている。 このときのアメリカの戦争宣伝は、まさしくこの歴史学者の指摘する10の法則にぴったりあてはまっていた。 いや、むしろ裏切り者扱いされると言った方がいいだろう。 多くの民間写真雑誌()が創刊されたが、国家や軍などもその宣伝効果に着目し、機関誌や国策会社からの出版という形で世界中で創刊された。 このことにより、ベトナム戦争以後の戦争報道は大きく変わった。 また、特定のグループが政治権力とメディアを掌握している国でも同じ事が起こる。 特にアメリカ軍は兵器が運用される様子から休憩中の兵士にいたるまでほぼ全ての広報写真をに投稿し、ウィキペディアなどで自由に使えるようにしているが、公開されるのは軍に都合が良い写真だけである。

もっと

『戦争プロパガンダ10の法則』

といっても、残虐行為が存在していないということではない。 ブリュッセル大学で教鞭をとる気鋭の歴史学者が読み解く、戦争プロパガンダの真実。 そればかりか、戦争のルールをまもりフェアな戦いを行っている、というのはよくある主張だ。 「われわれは、この条約こそ、継続的な平和をもたらすものであると確信している。 20世紀の多面的媒体では、言葉や絵の電気的な複製、拡散が可能で、多数の視聴者に非常に速く、そして物理的に非所に正確な情報を伝えることができる。 に、強い口調・表現を用いる。

もっと