佐藤 昭雄。 佐藤昭雄

佐藤昭雄

11全日本vs新日本 全面戦争の真実」• 全日本との関係を打ち切られたWWFはまだ日本進出を諦めていなかったところで、メガネスーパーがSWSを設立、日米プロレスサミットでも活躍した天龍が移籍すると、SWSの旗揚げ戦を視察した佐藤らWWF上層部はSWSとの提携を決定する。 そこで鶴田は松根氏に佐藤をブッカーに推薦し、佐藤は全日本のブッカーに就任して、経営危機に瀕した全日本を建て直すことになった。

もっと

ジャンボ鶴田がAWA世界ヘビー級王座を奪取…鶴田をプロデュースした男・佐藤昭雄

だから佐藤はもし馬場が承諾しなかったら辞表を出すつもりだったという。 全日本側はすぐハンセンと交渉し、ハンセンも新日本時代にホーガンとは1度だけ対戦していたこともあってOKし、ホーガンの相手はハンセンとなった。 ビンスが全日本との接触を選んだ理由は、馬場がNWAを牛耳っていたWCWとは既に関係を解消しており、そのWCWが新日本と接触しようとしていたことから、NWAとは関係がなくなった馬場と組むのが最善と考えていたが、ビンスにとって馬場はWWF発足時からMSGのリングに上がっていた大スターで、馬場も子供の頃からビンスを知っていた。 なお、でシンジャと名乗ってるペイントレスラーが居るが別人(2代目)である。 バック・スピン・キック 左腕を捻り上げたまま相手のサイドに回り込み、後ろ蹴りを決める「ダンシング・ドール・キック」とも呼ばれる形を得意にしていた。

もっと

佐藤昭雄とは

佐藤は新日本も協力得られるならと承諾するが、新日本との話し合いは馬場自身が行った。 高校を中退して1970年5月に入門。 (垂直落下式)• そして5月13日ミネソタ州セントポールでリック・マーテルの挑戦を受けるが、鶴田が背後からドロップキックを放った際にマーテルを特別レフェリーであるレオ・ノメリーニと交錯させてしまい、それでもバックドロップホールドを決めるが、ノメリーニレフェリーのカウントが遅れて決め手にならず、フライングボディーシザースドロップを決めた際にノドをロープに直撃させてしまうと、マーテルがフライングボディーアタックを決めて3カウントを奪い王座を奪取、鶴田の天下は3ヶ月で終わった。 テレビ中継もゴールデンではなかったが午後3:30~5:00の特番枠で放送され、視聴率も14. 社長となった松根氏は全日本再建の策として世代交代を図り、鶴田をエース兼現場責任者とした新体制に着手、最終的には馬場を引退させて、全日本の全権を鶴田に移譲させようとしていたが、鶴田は政治面に関わることを嫌っていた。

もっと

オケラこと佐藤昭雄さん、とうふガ●ジに完全敗北するwwwwwwww��

彼の試合、さんざん観たはずですが残ってる印象は皆無ですし。

もっと