Moosoo ハンディ クリーナー。 【MooSooコードレスクリーナー3機種比較】一番人気・おすすめなのはどれ?

MooSooの「コードレスハンディクリーナー K12」をレビュー!

ダストボックスから離れた位置にあることからもサイクロンの気筒では無いということがわかります。 ワンタッチでのゴミ捨てが可能となっていて、ダストカップのボタンを押すとパカっと蓋が開きます。 悪い口コミ PC外部のホコリや身の回り用に購入。 本体 本体側には特にフィルターはありません。 ソファ用ブラシ ソファ用ブラシはブラシの取り外しが可能で状況に応じてつけ外しが可能です。 国内メーカーと比べるとやや稼動範囲は狭いです。

もっと

【楽天市場】コードレス掃除機 23000Pa 30分間稼働 200W 1年保証 モード切替 サイクロン掃除機 サイクロン スティック ハンディ クリーナー スティッククリーナー サイクロンクリーナー コードレスクリーナー コードレス 掃除機 MOOSOO K17最新型:MooSoo

MOOSOOは中国の会社ではなく日中合弁会社 Moosooは中国の会社かと思っていたら日中合弁会社とのこと。 満充電でも15分程度しか動かず、そのうえ 充電しながらの使用は出来ないため、 1度にまとめて掃除を行うのには不向きです。 アマゾンでの直販に加えて楽天、YAHOOショッピングにも正規代理店があり、掃除機が販売されているなど、掃除機の分野にかなり力を入れている様子が伺えます。 キーボードの奥に糸くずを入れてみたりしましたがこれも問題なし。 女性でも片手で軽々持てますし重さは感じません。 よくある真ん中が太ったようなハンディクリーナーではないので、スリムで置き場所も取りません。

もっと

MOOSOO K17改良型を画像多数で徹底レビュー!パワフルさを感じる一台!

当時価格は5,000円ながら、なぜかよくわかりませんが500円クーポンが利用でき、 4,500円で購入。 こちらの掃除機はハンディタイプでコンパクトなのも特徴ですが、最大のウリは車のシガーソケットから充電できるケーブルが付属する点だと思われます。 キャニスター、手持ちサイクロン、紙パック、車用掃除機など以外にバリエーションの多い掃除機ですが、今回のK12は小型軽量が特徴のワイヤレスタイプです。 ワットチェッカーを使って充電中の電力を計測をしてみたところ、充電中は 約9W、充電が完了すると 0~1Wと変化したため、過充電にならないようには設定されてはいるようです。

もっと

MooSooの「コードレスハンディクリーナー K12」をレビュー!

おしゃれな見た目で充電スタンド付き。 クリアビンにはワンタッチゴミ捨てボタンのような物は無いのでゴミ捨ての際は緑の丸で囲ったレバーを外して行います。 量販店の店頭に積んであっても違和感のないパッケージです。 フィルターは交換用のものがあるので買い換えればいいのですが、でもやっぱりもうちょっとお手軽さが欲しい。 また、ダストカップはワンタッチで開閉できるので手を汚さずにダストカップの中のごみを捨てることができるのも嬉しいポイント。

もっと