恒久 意味。 「一時的」とは?意味や使い方をご紹介

「恒久的」とは?意味や使い方を対義語を含めてご紹介

そして、「刹那的」「瞬間」は、「恒久的」を「永い時間の経過」として捉えた場合に適切な反対語といえるでしょう。 例えば、「家を建て直す間は、仮の住まいとして友人の家で暮らす」といった場合「家を建て直す間は、当分の間に合わせの住まいとして友人の家で暮らすことになった」という意味になります。 これはもちろん会社にも問題がありますが、でも果たしてそれだけでしょうか? 自分という『個』は非常に大事です。 「暫定」の使い方と例文 とりあえず仮の・本決まりではないがほぼ確定しているという場合に「暫定」を使います。 「恒常的」の使い方と例文 「恒常的」という単語はどう使うのでしょう。

もっと

「暫定」の意味と使い方、類語、対義語、「恒久・決定」との違い

「恒久的(こうきゅうてき)」は、「いつまでもその状態が続くさま」を意味し、「恒久的平和」のように使われます。 そこで今回は「暫定」の意味や使い方、類語との違い、反対語について解説していきます。 「恒久対策」です。 決まること」 「暫定」は「正式に決定するまで、仮として何かを決めること」を表します。 「永久的(えいきゅうてき)」は、「ものごとがずっと変わりなく続くさま」を表し、「半永久的な運動」のように使われます。 「暫定」はニュースやバラエティ番組などでもよく使われています。

もっと

「永続的」の意味とは?「永続的」と「恒久的」の違い・読み方・英語・類語【使い方や例文】

「恒常的に続く」は「変化なく続く」の意味 「行う」と同じくらいよく使う表現が、「恒常的に続く」です。 「恒常的」の対義語 「恒常的」と反対の意味の言葉にはどのようなものがあるのでしょう。

もっと

「恒久(恒久的)」と「永久(永久的)」の意味と違い

ニュースで聞く「暫定政府」は、「正式な政府が決定するまでの臨時の政府」ということになります。 また、「臨時」や「一時的」といったような言葉と何が違うのか疑問に思うかもしれません。 たとえば、「一時的」「限定的」「暫定的」などが「恒常的」の対義語と言えるでしょう。

もっと

「恒久的」とは?意味や使い方を対義語を含めてご紹介

さしあたり) 「当面はそのことについて問題はなさそうだ」 短期 (意味:短い期間。

もっと