武運 長久 意味。 千人針

武運長久の意味とは?使い方や語源・由来を解説

「ご武運を」を使った例文• 「武運長久」はこのように、 将来に向けて幸運を祈るような時に使う言葉だと思ってください。 来週から夏の大会が始まるので、部員全員が怪我をせずに無事に終わるよう武運長久を祈る。 「武運長久」の英語・類義語 次に、「武運長久」に似た言葉を英語と日本語で見ていきましょう。

もっと

武運長久の意味とは?使い方や語源・由来を解説

例文2. 「ご武運を」の類語 家運 (意味:一族の運命) 「その名家は息子が不祥事を起こしたため、家運が傾く」 縁 (意味:運命のつながり。

もっと

「武運長久」の意味と使い方・例文・読み方・類語・返し|祈る

(『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、 magazine. 他方、初期の呼び名の一つであった「千人力」は、千人の男性が「力」の字を寄せ書きする類似の祈願を指す言葉となり、千人力専用の「力」を刻印したゴム印までもが商品化された。

もっと

千人針

「恐悦至極にございます」や「恐悦至極に存じます」のように使いましょう。 Having good luck forever on the battle field is one of the most neccesary skill on your business. 音読みには他に「く」の読みもあり、訓読みでは「ひさ(しい)」と読みます。 戦場では、もちろん兵士の命が保証されているわけではありません。 ・兵士や軍人がいつまでも無事でいられる事。 ・転職する部下への寄せ書きに武運長久を書いた。

もっと

「無事長久」

武運長久のように、よく見る漢字で構成されてるのに読み方がわからないこの四字熟語は、元々は禅の教えであると言われています。 。 ・戦場に向かう長男の無事を願って日章旗に武運長久を書いた。 いずれも人の幸せを願う時に使えるので、 場面によって使い分けるようにしてください。 「武運長久」を使った例文• それぞれ、「本の酉」「中の酉」「新の酉」と呼ばれていたそうですが、こ のいずれもが江戸時代はドンと田舎にありました。 ごく普通に音読みで読めば問題ありませんが、誤って「たけうんながひさ」などと呼んでしまわないように気を付けましょう。 戦争に対する消極性が隠されている 国家は戦争に積極的でしたが、国民は戦争を嫌っていました。

もっと

「ご武運を」の読み方と意味、使い方、例文、類語、英語

とにかく自身が生きろという意味が強いとも 「兵として死なずに帰って来てほしい」思いが込められている「武運長久」ですが、この意味はもっと言えば「敵を殺しても自分は死なないように」という意味にも受け取れると言われています。 例えば、遠方へ出張する際や地方へ赴任する時に、声がけとして使われています。 しかし、現代の使い方は本来の意味とは少し違ったものであり、転じた表現・たとえの表現だと言えます。

もっと

「武運長久」の意味とは【花子とアン】宮本蓮子が息子・純平に伝えた想い

ここから現在の、 「 勝負事での幸運や無事が続くこと」という意味につながるわけですね。 運が良いことをラッキーだというように、「運」という漢字がこの四字熟語の中で大切な役割を担っているんです。 信じる 単刀直入ですが、「武運長久」の類語はありません。 そんな母の気持ちを知ってか知らずか、純平は曇りのない笑顔で「はい!」と答え、戦場へと向かいます。 父親・夫・息子・兄弟・恋人・友達など、召集された男性たちが「生きて帰ってくること」を願う意味も強く込められている言葉です。 ・兄が海外へ留学すると聞いたので、武運長久を祈るためにお寺に向かった。

もっと

「武運長久」の意味や語源、例文5つの使い方!「武運長久を祈る」とは?

そのことから国家の人間は日章旗に書かれた「武運長久」を指摘しませんでしたが、本当は「生きて帰って来てほしい」「無事に帰って来てほしい」思いも込められているのが「武運長久」です。

もっと