だから 僕 は 音楽 を 辞め た。 【ヨルシカ/だから僕は音楽を辞めた】の歌詞の意味を徹底解釈

ヨルシカ考察【エイミー編】ヨルシカ1stフルアルバム「だから僕は音楽を辞めた」の考察

口から吹いた泡も綺麗に写って、その景色を今でも鮮明に覚えている。 そういう旅の始まりを書いた曲です。 コンテンツ• だからこそストリングスが引き立つというか。 「あれ、アルバム終わりかな?」「まだ3曲目だぞ…」 4曲目 「詩書きとコーヒー」 「最低」を前曲からつなげる。 更新履歴 最新の25件 2020-12-04• 「ノーチラス」という言葉は、ジュール・ヴェルヌの『海底二万マイル』に出てくる「ノーチラス号」からとっています。 こんな曲書いたらそりゃあ表題曲にしてアルバムの一つや二つ作りたくなるよなぁ…と合点がいく、とんでもねぇ完成度の曲。 ただ、もうやめてしまってエルマはいないのでどうしようもないと。

もっと

【ヨルシカ/だから僕は音楽を辞めた】歌詞の意味を徹底解釈して考察!他楽曲との繋がりに注目!

岐阜の山の上にあるプールによく行ったんですけど、底が深いプールで、身体から完全に息を吐き切って沈んで上の方を見ると、日光が綺麗に差している。 雨のカフェテラスで、カプチーノを飲んでいるエイミーをエルマが見ている。 そして次の曲が終盤に差し掛かった時、その男性が感想を言った。 「あんた エルマ のせいだ」• 「ただ一つでいい 君に一つでいい 風穴を開けたい」と、音楽で君に穴を開けたいんだと言っている。 関連リンク• 「幸せの価値は六万円、家賃が引かれて四千円」なんて、セロ弾き群青の「給料袋の代わりに貰えたのは落第の判子だけ」並かそれ以上に世知辛く現実の淀みが溢れています。 それを見てエルマは「写真の場所だ」と思ってその教会に足を運ぶ。 ) 更に、が遺した は三尺の童にさせよ という言葉についても触れていて、慣れて技巧ばかりを凝らすようになってしまった自分の音楽は、既に賞味期限が切れており、今まで続けていたものは所詮、芸術の真似事に過ぎないのだと心境を明かしている。

もっと

ヨルシカ 2ndフルアルバム 『エルマ』 特設サイト

というか、わたしはしません。 僕は大学時代から、サークルで趣味として音楽をしています。 また、初回生産限定盤【「エルマへ向けた手紙」再現BOX仕様】は、青年がエルマへ向けて書き溜めた手紙や歌詞、訪れた街の写真などを納めた木箱を再現したボックスが付属しており、音楽を辞めるに至った青年の物語をリスナーが楽曲とともに体験できる仕様となっております。 初回盤を手にとった方が「あ、これはこの場面を描いたものだったんだな」と納得してもらえればいい。

もっと

ヨルシカ 『だから僕は音楽を辞めた』 感想|kqck|note

ナブナさんのインストは、アルバム全体の雰囲気や物語をうまくまとめるために入るイメージがあるので、本アルバムはそれだけ1枚を通しての流れを意識しているのでしょう。

もっと