ジョン ケージ 4 分 33 秒。 ジョン・ケージの「4分33秒」のレコード(CD)はありますか?

一切演奏しない伝説の名曲「4分33秒」を知っていますか

(原書 Silverman, Kenneth 2010 , Begin Again: A Biography of John Cage, Knopf )• 紙の上の知識とは違う 空間としてのアートを あらためて感じることが出来ました。 初演は、1952年8月29日、場所はウッドストック。

もっと

ジョン・ケージの4分33秒の演奏者を色々比較しながら「音楽はいつ成立するのか」について考える

ケージはラウシェンバーグについて、自分との共通点がありすぎて会った時からほとんど話す必要がないと感じ、ラウシェンバーグの作品を見てすぐに納得した。 「私が死ぬまで、音が聞こえ続けるだろう。 そんなの逃げの一言に過ぎないのだと思います。 頭でっかちになった現代人だからこそウケる代物です。

もっと

【動画】ジョン・ケージの「4分33秒」をデスメタルバンドがカバーするとこうなる

解釈は色々ですが、ろくでもない思いつきにしか過ぎません。 受領報告はに記載していこうと思います。 演奏者は登場するものの自らは演奏せず、一定の時間が経ったら退場します。

もっと

ジョン・ケージの「4分33秒」のレコード(CD)はありますか?

4 演奏者は自分が置かれている状況に無頓着であること。 。 幼少期のケージは、一般の子どもと同じように、ピアノを習っていました。 サウンド・スーツは、完全に人間を覆い、アイデンティティーやジャンダー、人種を秘匿します。 ケージは、このタイトルが『0分00秒』の他に、『0フィート00インチ』とも読めると気づき、人間が時間や空間ではなく時空連続体に生きているという洞察を得た。

もっと

【美術解説】ジョン・ケージ「4分33秒」

とりとめのない雑感として。 作風は基本的に、演劇的な要素の強い舞台作品と、祝祭的なパフォーマンス作品という2つの系統。 ただ、他の人があなたでない以上、あなたと違う感想・希望、論議を する人がいるのもまた表現の自由です。 普通は「なくていい」と思ってしまいかねないものだけど、いろんな可能性が考えられる。 多くの作曲家の言葉や 著書にも 「休符を演奏する」という 表現が多く見られます。

もっと

ケージの4分33秒ってなんか変じゃないですか?

彼は、音楽というものは音楽家が楽器を演奏するものだという前提に挑戦していて、そうである代わりにすべての音はここにあると認識していました。

もっと

ジョン・ケージはなぜ《4分33秒》を創ったのか——クラシックのバックグラウンドからの変遷をたどる|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」

またしても憶測話ばかりのうえ大変な長文になってしまい恐縮ですが。 芸術と言うのは、常にそうした「価値の証明」や「価値の変化」が起こった時に新しい作品は生まれてきました。 私と違う意見の人がいるのはいいですよ。 4回目を迎える今年の演目は、これまでの流れをさらに加速させたものになりそうだ。 1942年にシュルレアリストの巨匠ことマックス・エルンストに評価されニューヨークで現代美術と関わりををもつようになる。

もっと