ライチ 育て 方。 ライチの育て方

ライチの木の特徴・育て方・肥料・剪定の方法について

当サイトでは肥料と合わせての使用をオススメしております。 だいたい2週間ぐらいで発芽するみたい。 冷凍された種を蒔いても発芽することはありませんので、なかなか自分でライチを育てるという人もいないでしょうし、実を付けている姿を見かけるのは本当に稀なことであるといえるでしょう。 甘みがあって栄養も豊富なみかんが大好物だという人もいますよね。 しかも検疫の問題で蒸熱処理という60度まで加熱して殺菌する工程があります。 重なり合った枝、太い枝、内側に向かって伸びる枝を付け根から間引いて、樹の内部まで日射しと風が良く入るようにし、上に伸びていく枝は切り詰めます。 是非、是非、是非!!ご自宅のお庭でもぎたての絶品ライチを収穫してください。

もっと

ライチの育て方(庭木)・栽培方法・剪定

重なり合った枝、太い枝、内側に向かって伸びる枝を付け根から間引いて、樹の内部まで日射しと風が良く入るようにし、上に伸びていく枝は切り詰めます。 レモンの樹勢回復を目的にスーパーバイネを使用。 形・色の悪い実は小さいうちに摘み取ってしまいます。

もっと

ライチとは

もちろんそれほど安いものではない貴重なものですが、蒔くことのできるライチの種を手に入れると思ってそこは辛抱しましょう。 ライチとは• 本来は樹高8-10mにもなる高木ですが、収穫のしやすさも考えてふつう樹高2-3mに抑えて栽培されます。

もっと

ライチの育て方 鉢植え|花芽をつけるには冬の温度管理が大切

収穫後は、1日で果皮の色が褐色になってしまい鮮度が急速に落ちるので、貯蔵する場合は冷蔵庫で保存します。 ライチは夏の暑さに強く、低温にも多少強い果樹です。 その肉質と高い糖度で有名です。 タネを採った後、1週間も放置しておけば乾いてしまい、ほぼ発芽しません。

もっと

ライチ|果樹苗木の専門店 LA FRUTA

性質は強いですが、もともと亜熱帯性の樹木で年間を通して温暖な気候が好き、と言うことを忘れないようにしましょう。 未熟な果実には「ヒポグリシン」という毒素が多く含まれており注意が必要です。 その中で、人気品種として、玉荷包(ギョッカホウ)や黒葉レイシ、妃子笑(プリンセスグリーンライチ)などがあります。 ・ 施肥 4月、7月、10月に固形の有機質肥料を施します。 ライチへの肥料のやり方、時期について ライチに最適な肥料、そして肥料を与える時期についてご説明致します。 ライチの育て方としては、水をしっかり与えることとされます。 果実は亀甲状の果皮に覆われています。

もっと