児玉 龍彦 息子。 児玉龍彦

児玉龍彦(内科医、東大先端研)の「提言」

政府・体は必要な措置や支援を惜しんではならない。 遺伝子操作をして生まれつきスカベンジャー受容体のないネズミを作り、新薬開発につながる研究として、世界中から注目を集めた。 患者が集中する北部では医療システムが崩壊の危機に直面しており,爆発的な感染は欧州各国に広がっている。 親父の立場で、公開の場でああしたことをいうのは、どれだけの勇気がいったことだろう。 はたして反原発派と名乗るなと言ったりそれに同調してた人間がどう責任取るのだろう?あえてプロフィールから禁原発の看板を下ろした。

もっと

天下の愚策;大量検査拒否という日本の医療現場の実態は何か?【東京の不都合な真実】を児玉龍彦さん(東大先端研がん・代謝プロジェクトリーダー)が明確に告発。

の感染拡大「問題」に関する日本的な問題が明示されている。

もっと

児玉龍彦

だがGoToキャンペーンは コロナ感染防止とは相反する。 "Increased insulin sensitivity and hypoglycemia in mice lacking the p85a subunit of phophoinositide 3 kinase" Nature Genetics, 1999, 21. 最初に児玉氏は「東京大学という組織が原発事故と無関係ではなく、原発を推進したり、絶対に安全だということを言ってきた。

もっと

なぜ増えないPCR検査、児玉龍彦氏の講演から、Go Toキャンペーンと竹中氏

2 放射能による内部被曝の危険性は 後日に立証される事があるため安全とは言えない。 》 《この数値が安全この数値がどうということではなしに、行政の仕組みが一生懸命測定をしてその測定に最新鋭の機械を投じて、除染に最新鋭の技術をもってそのために全力でやってる体が、一番戻るのに安心だと思います。

もっと