ミヒャエル エンデ モモ。 小説『モモ』結末・考察・あらすじは?35歳の少女で話題、実写映画の配信等|映画と漫画と都内の散歩|note

モモ (児童文学)

その3階に松岡正剛事務所も入っていて、ここに太田・和泉・寺平・西村の机、そしてぼくの作業用書斎がある。

もっと

楽天ブックス: モモ

児童文学なので、もちろん子供が読んでもいいけど、むしろ大人向けなのではないかという気さえしました。 恐ろしいですね。 たのしければ、仕事がうまくはかどる。 ただ、それが河合隼雄さんの「昔話と日本人の心」の「炭焼長者」の章で展開された論と響き合うことは間違いないという確信はありました。

もっと

楽天ブックス: モモ

節約した時間は盗まれているとも知らず……。 『』 Der lange Weg nach Santa Cruz 1992年• どんなに困っている人でも彼女に相談をすると、解決策が浮かんできたり、幸せな気持ちになれたりするのです。 『モモ』の名言は? 読者をハッとさせたり、深く考えさせたりする名言が多数登場する『モモ』。 事の是非に鉄槌を食らわせることも、文春砲まかせで、できるだけ避けるようになった。 「モモ、ひとつだけきみに言っておくけどね、人生でいちばん危険なことは、かなえられるはずのない夢が、かなえられてしまうことなんだ」(『モモ』より引用) これは、モモのもうひとりの親友ジジの言葉です。

もっと

ミヒャエル・エンデおすすめ作品5選!『モモ』など名ファンタジーの生みの親

円形劇場にやってきた旅行者に、過去の出来事や人物について面白おかしく話すのが得意。 ある日、街のはずれにある円形劇場の跡地にやって来て、住み着くようになりました。

もっと

名著100「モモ」:100分 de 名著

少女はモモと名乗りました。 母親を失って父親と暮らしている。 様子を伺って、それまでは右顧左眄して、結果が出てから「ほれ、みたことか」と言うのは、もうやめたほうがいい。 『カスペルとぼうや』 Das Kleine Lumpenkasperle 1978年• 岩波書店版(大島かおり訳)の詩そのものはによる有名な日本語訳詩『』ではなく独自の訳である。 街の人々は相談をし、モモの面倒を見ることになります。 どろぼうたちの追跡を逃れ、 モモは「時間の国」 へと案内されます。

もっと

1377夜『モモ』ミヒャエル・エンデ

息子にとっては簡単なことでしたが「もうすぐここから出て幸福になれるのだから、自分の不幸を少し持ってくれ」という乞食が現れます。 年を重ねるごとに読み直して、 時間との向き合い方を 考えてみたい!と 思わせてくれる作品でした。 そして人のいのちは心を住みかとしているからです。 -P209 時間の世界の住人であるマイスター・ホラがモモに時間のことを教えてくれるときの言葉です。 本に出てきた「時間とは、生きるということ、そのものだからです」という言葉が、とても印象に残りました。

もっと

モモ (児童文学)

著者 ミヒャエル エンデ 出版日 2002-06-18 主人公イヴリィは「影の民」と呼ばれる部族の一員です。 人々の時間を取り戻すための、 モモの孤独なたたかいが スタートします。 効率的な行動を求められることが多く思いますが、いったい何のために急ぐのかを見失ってしまってはいませんか? ")を載せている。 著者 ミヒャエル・エンデ 出版日 1992-11-12 そこに彼らのペット、猫のマウリツィオとカラスのヤーコプが登場します。 こういうふうにやらにゃあだめなんだ」(『モモ』より引用) この2つは、道路掃除夫をしているベッポの言葉です。 モモを「私たち誰もがもっている奥深い自己の働き」ととらえると、エンデのメッセージが読み解けてくる。

もっと

名著100「モモ」:100分 de 名著

本楼をキースタジオにして、80人を越えるネット参加者に同時視聴してもらうというスタイルだ。 不満を抱えている人の心の隙間に入り込み、人生のなかでいかに時間を無駄にしているかを説きました。 モモの近くにいると、 不思議な力が 湧いてくるのです。 モモは街の中で大切な存在になった「街の人達の相談役」、「人の言葉を聞く能力」を持っていた 特にアドバイスをするわけでもなく、とにかく「聞き上手」な女の子だった。 仕事をするうえではもちろん大切なことではありますが、時間に追われるばかりで本当に大切なことを見失わないよう、ミヒャエル・エンデは読者に呼び掛けているのでしょう。

もっと