ネール ヴァンダー ナス。 ネール・ヴァン・ダーナス/FF14用語辞典

ガレマール帝国

帝国軍第XIV軍団の長としてすでに複数の都市国家を滅ぼす功績を挙げていたガイウスは、エオルゼアを次の侵略目標とするガレマール帝国の軍事計画に従い、自軍をアラミゴとの国境線上に配備(1553年)。 軍団(レギオ)、歩兵大隊(コホルス)、歩兵中隊(マニプルス)、歩兵小隊(ケントゥリア)はすべて ローマ帝国の兵制とかぶっている 関連項目 【】【】【】 【】【 】【】 【】【】. 東には東州()が全域見えており、東端にある都市がである。 帝国側には当時有効な対応策がいっさいなかったため、彼らは兵を引き、守勢に徹する構えに移行しました。 "Imperium ave"という使い方は、文法上不自然な言い回しになるそうです。 しかし、革新的な技術革命と卓越した軍事の才能を誇る将軍(後の初代皇帝)の登場により、魔導技術を導入する軍制改革を断行し、祖国を一大強国へと押し上げた。

もっと

カード:ネール・ヴァン・ダーナス FF14 ERIONES

しかしガイウスの主義思想はシドの反発を生み、やがてシドはエオルゼアへ亡命。 これにより本ウェブサイト内のコンテンツ表示が一部正確に表現されない可能性もありますので、 あらかじめご承知くださいますようお願いいたします。 2人の間には今も、他者の介入を許さない確執があるようです。 との激闘の末に敗れ去り、に不要と見做され支配が解けた。 20年前(旧FF14で15年前、帝国暦36年、 1557年)、ガレマールにとっては辺境の地であり のうち西州にあたるを侵攻し、6大都市の1つを陥落させている。 皇帝の重用 1. 以後はアグリウスに巻き付いた状態のまま、銀泪湖中央に朽ちた姿をさらしています。

もっと

ガレマール帝国

住民たちを風で切り刻む事件が起きたのです。 ネールが提案したのは、このメテオ計劃を利用したもの。 第七霊災は起きないはずだった 前提として覚えておいてほしいのは、当時のエオルゼアで暮らす人々は、第七霊災は起きないと考えていたということ。

もっと

ネール・ヴァン・ダーナス

この侵攻作戦の失敗で、第XIV軍団は戦力の多くを失いました。

もっと

ネール・ヴァン・ダーナス

このシタデル・ボズヤ蒸発事変によってミドは死亡し、メテオ計劃も無期限中止となったのでした。

もっと

第七霊災とは何だったのか?(1)

本物のネールはかつて父が立案した無謀な作戦によって命を落としており、兄を敬愛していたユーラは父を病死に見せかけて暗殺し、ネールを名乗って軍団長の座に就いた。 その後、ガイウスはアラミゴ陥落から5年後(1562年)に大飛空艇艦隊による圧倒的戦力を組織し、エオルゼアの中心部であるモードゥナ地方へ進軍しました。 いまから5年前……ガレマール帝国第VII軍団長のネール・ヴァン・ダーナスは、古代アラグ帝国が大昔に打ち上げた月の衛星ダラガブを地上に落とす作戦(メテオ計劃)に着手。 期の情報 2011年8月10日頃から、「ネール卿 Legatus Darnus がに現れた」といった噂がLodestone等で流れた。

もっと