Ir 汚職。 維新・下地議員、現金受領認める IR中国企業顧問から [IR汚職事件]:朝日新聞デジタル

IR汚職

12年に民主党野田内閣で郵政民営化・防災担当相に就任し、県関係で3人目の閣僚となった。 巨額の資金が動くような事業では、表ざたになっていないだけで汚職の類が頻繁に行われているのかもしれません。

もっと

IR汚職とは何かわかりやすく解説!秋元司議員の逮捕はなぜ?

オンラインカジノは不正することができないことは様々な機関によって証明されています。

もっと

秋元司議員・IR汚職事件、うごめく怪しすぎる人脈と金脈…カギ握る“第5の男”の存在

カジノを含むIR・統合型リゾート施設などを担当する国土交通省や内閣府の副大臣を務めていた自民党の秋元司衆議院議員が、IR… — chocolat. 中国国内では多数のくじを販売しており、2017年に日本法人である500ドットコムジャパンを設立し、本拠地を東京都港区に置いています。

もっと

IR汚職、特捜部は「菅官房長官・二階幹事長」を狙っている可能性(時任 兼作)

周囲に淡路容疑者の指示で動いていたことを示唆しており、那覇市まで現金を持参し、議員会館で秋元被告に会っていないと証言するよう紺野被告に迫っていた。 IR誘致による観光産業の活性化させて誘致した地域の経済を発展させるというシナリオが崩れた以上は、カジノ施設などハコモノに無駄な投資をつぎ込むよりは、潔く撤退するのが賢明な選択ではないだろうか。 IRを開設することは決まっています。 だからこういった接点がでてきます。 1つは贈賄側の中国企業500ドットコムの元顧問でコンサルタント業などを行っていた紺野昌彦被告に対するもの。

もっと

IR汚職で逮捕の秋元司議員、その危険過ぎる金脈と人脈…東レに口利き、返済ねじ込み

だが、特捜部が2015年に在宅起訴した小渕優子元経済産業相の元秘書らの虚偽記載額は3億円超。 まったく別問題。 また、下地議員は当時、IRを推進する議員連盟の副会長を務めていて、平成29年2月から8月にかけて紺野元顧問らと議員会館などで合わせて3回面会したということですが、「私が便宜を図ったことは一切なく、そのような立場ではない」と説明しました。 やれるような立場でもない」と説明。 というのも、松浦容疑者は新興仕手グループの頭目と目されてきたものの、自らは関係企業群の役員に就くことはなく、決して表には出ず背後から影響力を行使してきた人物と見られていたからだ。 その人物像について司法記者が説明する。

もっと

IR汚職事件がどんどん拡大! 12人リストに続き安倍首相の実弟・岸信夫議員と贈賄容疑者のツーショット写真も|LITERA/リテラ

これが真相です。 写真には〈安倍首相の実弟の岸信夫衆議院議員と。 参考: 政治家の口利きにより、カジノ運営事業者の選定を有利にするよう働きかけるため、500ドットコムや加森観光側は秋元司衆議院議員に多額の金品を渡していたのです。 当初の予定では20年には日本の中で2~3カ所選定され、24~5年ごろには営業開始できると見られていたものの、コロナ禍により先が読めなくなっている。 航空局にいたキャリアだ。 その手足となって秋元議員が動いていたのではないかという私の読みです。 事件の「キーマン」紺野昌彦容疑者の実父が維新議員であることも分かっている。

もっと

また維新の名前 カジノ汚職事件は大阪IR構想に飛び火必至|日刊ゲンダイDIGITAL

他にも現金を受け取ったとされる5人がいるそうでを見てみてください! スポンサーリンク 秋元司議員の逮捕はなぜ? 秋元司 公式ブログを更新しました。 1月9日発売の「週刊文春」では、IR汚職を巡って政権中枢も浮上する新たな捜査の動きや、「ポスト安倍」レースの行方、小泉進次郎環境相の近況や、安倍首相の退陣へ向けた青写真について、5ページにわたって詳報している。

もっと