建設 リサイクル 法。 建設リサイクル法:建設リサイクル法Q&A

建設リサイクル法に係る対象建設工事の届出(平成28年6月一部改訂)

「再資源化をするための施設」とは具体的にどのような施設ですか? 国の基本方針に定める再資源化の考え方に合致する施設が、再資源化をするための施設に該当します。

もっと

群馬県

その工事としては以下の4種類を挙げることができます。 技術管理者とはいわゆる現場における技術上の責任者のことであり、解体工事に関する知識や経験、スキルを持った人のことだと理解することができます。 3 建設業の許可又は、解体工事業の登録を証する図書 届出書には、愛知県規則(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律施行規則第11条)により、これらを証する図書 写 を添付することになっています。 平成31年1月1日から様式が新しくなりました(別表1、別表2、別表3)。 対象建設工事にかかる義務 ここまで紹介した対象建設工事に該当する場合、その工事の発注者や元請業者は以下の義務を負います。 解体工事においては法律的な部分の知識を入れておくことも大切です。

もっと

大阪府/建設リサイクル法の概要

土木工事業• その規定についても建設リサイクル法で定められており、施主や解体業者共に規定を守った中で工事を進めていくことが求められます。 床面積の合計が80㎡以上の建築物の解体工事• 建築物の新築・増築工事で、床面積の合計が500m 2以上のもの• 例えば、住宅販売業者が同一地に10棟の分譲住宅を建築する場合は、10棟の床面積の合計が500平方メートル以上(新築工事の場合)であれば対象建設工事となります。

もっと

建設リサイクル法|解体工事業者に課せられる義務とは?

(建築物の解体工事の契約用) 5 同上(建築物の新築工事等の契約用) 6 同上(土木工事等の契約用) 7 届出した対象建設工事を中止する際に、発注者に提出をお願いしています。 届出書の審査後、連絡はもらえるのでしょうか。 その上で、契約書の書面には下記の4項目を記載することが求められています。

もっと