バイ アスピリン 添付 文書。 アスピリン

低用量アスピリン療法|日本医科大学付属病院

3).消化器:食欲不振、胸やけ、悪心・嘔吐、胃痛、腹痛、胃腸障害、便秘、下痢、食道炎、口唇腫脹、吐血、胃部不快感等。 解熱後の回復期からの慢性期は、アスピリンとして1日体重1kgあたり3~5mgを1回経口投与する。 低出生体重児、新生児又は乳児。 21). プロスタグランジンD2受容体拮抗剤、トロンボキサンA2受容体拮抗剤(ラマトロバン、セラトロダスト)[ヒト血漿タンパク結合に対する相互作用の検討(in vitro)において、本剤によりこれらの薬剤の非結合型分率が上昇することがある(これら薬剤が本剤と血漿タンパク結合部位で置換し、遊離型血中濃度が上昇すると考えられる)]。

もっと

バイエルアスピリン

慢性疾患 慢性関節リウマチ、変形性関節症等 に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮する。 19). タクロリムス水和物、シクロスポリン[腎障害が発現することがある(腎障害の副作用が相互に増強されると考えられる)]。 4).喘息発作の誘発:喘息発作を誘発することがある。 クマリン系抗凝固剤 ワルファリンカリウム [クマリン系抗凝固剤の作用を増強し出血時間の延長・消化管出血等を起こすことがあるので、クマリン系抗凝固剤を減量するなど、慎重に投与する 本剤は血漿蛋白に結合したクマリン系抗凝固剤と置換し、遊離させ、また、本剤は血小板凝集抑制作用、消化管刺激による出血作用を有する ]。 (3)作用機序は不明。 原則禁止• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• ドネペジル塩酸塩 消化性潰瘍を起こすことがある。

もっと

医療用医薬品 : バファリン (バファリン配合錠A330)

1.5. アルコール常飲している患者:アルコールと同時に服用すると、消化管出血を誘発又は消化管出血増強することがある〔10. 腎臓:腎障害。 2.湿潤しやすい製剤との配合は望ましくない。 安価であるが、高齢者にはほとんどPPIを併用している。

もっと

アスピリン

, Scientific Exhibit World Congress of Gastroenterology,May 1958. (40代勤務医、一般外科)• (3)15歳未満の小児。

もっと