金 讃 神社。 【金鑚(かなさな)神社・大光普照寺/神川町】県北屈指のパワースポット(御朱印有り)

熊谷・文殊寺から本庄・金讃神社

樹高はそれほどでないが、枝を大きく広げ、特に、鳥居に向かう大枝はずいぶん遠くまで伸びている。 武蔵国二宮(総社では五宮としている)として尊崇を受け、明治維新後の明治6年には県社に列格、明治18年官幣中社に列しています。 鏡岩は古くから人々に知られていたようであり、江戸時代に記 された『遊歴雑記』には、鏡岩に向えば「人影顔面の皺まで明細 にうつりて、恰も姿見の明鏡にむかふがごとし」とあり、『甲子 夜話』にも同様の記述がある。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 武蔵国二宮(総社では五宮としている)として尊崇を受け、明治維新後の明治6年には県社に列格、明治18年官幣中社に列しています。

もっと

埼玉県児玉郡神川町渡瀬にある金鑚神社の裏山にあった御嶽山城

塔婆建築の少ない埼玉県としては貴重な建造物であり、国指定の重要文化財となっている。 神社概要 武蔵国二宮 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町字二ノ宮に鎮座。

もっと

埼玉県児玉郡神川町の金讃神社の裏山にあった歴史に残る御嶽山城

。 以上の史料から当社は武蔵国において五宮に列したと考えられており 、武蔵国のでも五宮として当社の分霊が祀られている。

もっと

金讃神社

。 西尾根は腰郭から狭い鞍部を通じて西に延び、鞍部は6m切り落とされ堀切8となる。

もっと

金鑚神社。児玉郡神川町二ノ宮の神社、名神大社、児玉郷総鎮守

。 初穂料500円 「金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町)」の参拝現地レポ 金鑚神社の大鳥居。 別当真言宗威徳院といふ。 。 明治初年、神仏分離により祭祀・社領・神宝等を大光普照寺から分ける。 旧官幣社・国幣社でこのように本殿を設けない古例を採るのは、他に 長野県の諏訪大社・奈良県の大神神社のみである。

もっと

金鑚神社 (神川町)

三間四面、柿葺き、亀腹は竪板張り(通常、多宝塔の亀腹は漆喰塗りとなっている)。

もっと

金讃神社と御嶽山|倭(ヤマト)しうるはし

表立っては言えないことですが、やや不気、いえ、失礼致しました。 (新編武蔵風土記稿より) 埼玉県掲示による金鑚神社の由緒 金鑚神社は、旧官幣中社で、延喜式神名帳にも名を残す古社である。 現在も元森神社の例祭では御室山をほめる「山ほめ神事」が行われる。

もっと